プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



オーディオ
DSC_0122.jpg
1970年代に全盛期を迎えていた国産オーディオ機器は各社が競って製品を送り出しました。
その中でも至極の一品がこちら。 1976年に発売されたYAMAHA TC800GLです。
当時、録音といえばカセットテープが主流であった時代のカセットデッキです。タイプライターのようにスラントした操作面をもつデザインはイタリアの工業デザインの巨匠、マリオ・ベリーニによるものです。家庭用電源だけではなく乾電池でも使用できるようになっているのはベンチマークであったSONYのデンスケを意識したからでしょうか。当時の価格で75,000円もしましたのでデザインだけ(性能面で他社に負けていた)では購入に踏みきれず・・・でしたが、25年ほど前にヤマハ(当時は日本楽器製造株式会社)の方にいただいて以後、大事に保存しております。
ちなみに、この製品はニューヨーク近代美術館(ミュージアム・オブ・モダン・アート:MoMA)に永久展示されています。

DSC_0121.jpg

スポンサーサイト




Photos of memories (2)
石槌03
石鎚山冬季登山の写真がまた出てきました。
上は「二の鎖小屋」前です。ちょうど「土小屋」への登山道分岐の看板が下に見えています。
冬季は山小屋は閉鎖ですが、登山者用に入れるようにしてくれてあります。
当時は小屋の中にテントを張って寝ていました。それでも気温はマイナス10度程になります。

石槌02
山頂で景色を撮影していますねぇ。後ろに見える社は石鎚神社の頂上社(奥宮)です。
山頂(弥山)での記念撮影。吹雪いてホワイトアウト状態でした。

石槌01

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行


Photos of memories (1)
毎週末に実家で遺品の整理をしていると大学卒業時にまとめて送ったダンボール箱を見つけ、中を見ると卒業論文の実験データー資料やら下書き、さらに昔の写真が出てきました。一時探したことがあっても見つからず、こんなところに埋もれていたのかと驚きました。まさにタイムカプセル、記憶の玉手箱です。

石鎚山01
これは大学卒業を控えた2月、最後に登った石鎚山(いちづちさん)です。標高は2,000mには届きませんが西日本で一番標高が高い山です。石鎚山は山岳信仰の山として知られ、山全体が石鎚神社の境内地といっても差し支えはないでしょう。

石鎚山03

石鎚山02
弥山(1,974m)でのスナップで右端がワタシ。しっかりアイゼンを着けてますねぇ。
左奥に石鎚山の天狗岳山頂(1,982m)が見えています。猛吹雪の天候でしたが登頂できてヨカッタです。後輩が何かを持っていますが何だったのか・・・記憶にありません。

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真