プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



コンクリートブロック
昨日大阪で起きた地震によってコンクリートブロック塀が倒壊し、二人の方が亡くなりました。ご遺族の方々には心中お察し申し上げます。
コンクリートブロック塀の倒壊による死亡事故の報告は1978年の宮城県沖地震まで遡ります。この地震による犠牲者28人のうち18人がブロック塀の倒壊によるものでした。そして1981年に建築基準法が大幅に改正され、これは〝新耐震〟基準と呼ばれました。確かに建築物の耐震性は大きく向上し、阪神淡路地震後の2000年には更に強化されることになる訳ですが、このとき同時にコンクリートブロック塀の設置基準も改正されたのです。しかし、建築物と違って設置許可が必要でなかったり、従前に設置されたものが残っていたりで、これらが40年以上経った現在でも此処そこに存在しているのが現状です。

P1170008.jpg
さて、コンクリートブロックといってもいくつかの種類があります。一個の寸法の規格は長さが390mm、高さが190mmです。出来上がり寸法で概ね長さ40cm、高さ20cmと思っておけばヨイでしょう。いくつかの種類とは厚さの違いで、100mm、120mm、150mm、190mmがあり、これらはJIS規格です。これ以外にも厚さ200mm、220mmなどの土留め壁用のブロックがあります。
最近では厚さ100mmのブロックを使うことは、まずありません。最低でも120mmを使用します。ちなみに浜松市の開発行為許可に基づく宅地造成では150mmのブロックの使用が条件となっています。ブロックは厚くなれば強度は増しますが、重要なのはブロックを連結する鉄筋の配置や基礎をしっかり造ることです。二段積み(H=40cm)や三段積み(H=60cm)であれば、これらが手抜きされても大きな被害は出にくいですが、五段、六段となれば大きな地震で倒壊ということにもなり兼ねませんので、安全面を考えればブロック二段+目隠しフェンスH=120cm程度がベストな選択だと思われます。

スポンサーサイト



テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ