プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



博多駅前の道路陥没事故
hataka.jpg
画像引用 ≪http://kaigai-matome.net/archives/35572824.html≫

昨日起こった博多駅前の道路陥没事故の映像には驚きましたね。
最初に見たときに国内の事故だとは思わなかった。あぁ、またか・・・くらいの感じでそれが博多だと分かったときには引っくり返りました。
地下の工事が原因であるとは容易に予想はついたのですが、この規模で人的被害が無かったのは地下トンネル工事責任者の迅速な判断と対応があったからであると思います。行政や警察の了解を待たずに道路封鎖をするということは、そうそう出来ません。もっとも落盤事故を起こした重大な責任はあります。っが、事故の初期対応は素晴らしく、別の意味で賛辞を送れます。さすがスーパーゼネコンの大○建設です。
今回の事故映像を見ると地盤が砂質土でさらさらと崩れていました。まさに砂時計のように穴が開いて底抜けの状態になったということです。相当な土砂が流出したので、さてこれらは何処に行ってしまったかというと、せっかく掘った地下鉄のトンネルが埋まったということです。その量は30m×27m×深さ15mで12,150立法メートル、10トンダンプに6トン分積んだとして約2,000台分の土砂ということになります・・・スゴイデス。

こんなに地面が凹んでビルは大丈夫なのか?と思われるでしょうが、高層建築物の場合は地下15mにある岩盤層まで杭を打ってあるので基本的には中間にある土砂が無くなっても建物は倒壊しません。しかし、これは鉛直(垂直)方向の荷重に対応するものなので、この状態で地震の水平方向の力が掛ると杭が座屈(ざくつ)する可能性があります。画像で何本か細く見えているのは建築工事の際に設置した矢板(やいた)柱だと思われます。
・・・この復旧工事は3ヶ月くらい掛るでしょうねぇ。でも、これを1ヶ月でやっちゃたら世界が驚くと思いますョ。

hataka2.jpg
画像引用 ≪http://mainichi.jp/graphs/20161108/hpj/00m/040/001000g/1≫

<11月10日追記>
その後の情報で道路封鎖は現場作業員の判断で行ったという。
下請け会社の作業員だと思われますが、この人達はプロですね。地下での退避と共に30m道路の封鎖をするのも命がけだったでしょう。

陥没現場の復旧を14日までに行うと発表がありました。
なんと、たった一週間です。道路中心にある都市下水管はどうするんだろう。24時間体制でも凄いことです。たぶん仮復旧だと思いますが・・・
スポンサーサイト




テーマ:最近の出来事。。 - ジャンル:ライフ


コメント

トランプ氏、ですよ!?

博多駅前‥派手に落ちてしまいましたね。ラジオでニュースを聴いていたので、あとで映像を見て驚きました。日中に発生していたら…。
200ではなく、2,000台分ですかぁ…。
[2016/11/09 23:07] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する