プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



ルーツ
その昔に大ヒットしたアメリカのテレビドラマで「ルーツ(Roots)」っていうものがありましたが、ワタシは観ておりません。

相続の手続きに必要なので父親の戸籍謄本をとりました。
戸籍謄本には現在事項のみのものと出生から死亡までを記載したもの(戸籍全部事項証明書)が取得できます。前者は現代風の紙一枚のパソコンで作成された証明書体裁のもので、後者はいわゆる昔風の戸籍謄本(手書き事項あり)です。祖父母や父の兄妹なども全て記載されています。さらに曾祖父母(ワタシから3代前)、高祖父母(4代前)のものまで記載されて出てきました。窓口の係の方に聞いてみたところ、まだ2代前までの戸籍が存在するとのこと。この取得には1時間~2時間欲しいと言われたので、この戸籍謄本の申請は後日としましたが、思わぬ収穫でした。
ということは、明治初期に戸籍制度が始まったころからのもの・・・らしい。

戸籍簿は直系が途絶えると記録が閉鎖されてしまうとのこと。ワタシの家の行政上の戸籍簿は私から数えて6代前から始まって現在事項は母親のみの記載となっています。(ワタシは長男ですが転籍をして新しい戸籍となっている)ということは母親が亡くなると、この100年以上続く戸籍簿が途絶えるということになってしまうのか?
もっとも、いずれ家督は継ぐ(旧い表現ですが・・・)つもりなので、再び転籍をして元の戸籍簿に戻れるのか?この辺りは今後調べてゆきたいと思っております。  (つづく)
スポンサーサイト




テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ


コメント

さすがに、こちら関係には疎いです。(汗)
婚姻によって同住所でも新たな戸籍をつくることが出来るという話は聞いているので、要は現筆頭者の戸籍に入るのかどうか?ってことなのでしょうか・・・
市役所に行くついでにしつこく聞いてみます。(笑)
[2017/01/11 09:37] URL | Mr.宅造 #- [ 編集 ]


クンタ・キンテ‥‥当時(物語の内容も知らず)響きがおかしくて。
戸籍謄本‥‥何部もあり、初めは訳がわかりませんでした。6代前!?どこから出してくるのでしょうね。(笑)
[2017/01/11 07:11] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する