プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



戸籍の話
どうにも腑に落ちないので、市役所で根ほり葉ほり聞いてきました。

戸籍簿はもともとは「家」制度が前提であったので、直系一族が名を連ねるものであった。
例えば父、母、長男、長男の妻、長男の長男、長男の長女など。
戦後の法改正で戸籍簿は「家」から「家族」単位に変更され、婚姻と同時に新しい戸籍簿が作成されることになった。同じ住所であっても戸籍は家族の数だけ作成される。
父母と長男、長女の4人家族の場合では長男が結婚して同居しても父母の戸籍から外れて、同住所で長男とその妻の戸籍が作成される。父母の戸籍に長男の妻を入れることは出来ない。さらに長女が結婚すると戸籍から外れて戸籍には父母のみが残る。この戸籍は父母が死亡しても永久に存在して「除籍謄本」として取得することができる。どちらかが生きている間は除籍事項記載の「戸籍謄本」と呼ぶとのこと。
現行の戸籍謄本(戸籍簿の写し)は平成6年に電子化された。それ以前の戸籍謄本は「改製原戸籍簿」として取得することができるが、本人の直系親族の遡りに限定され傍系および子孫のものは自由に取得できない。

と、先日市役所で聞いた亡くなると戸籍が閉鎖(抹消?)されるという意味は除籍のことで戸籍が無くなってしまう訳ではないという事が判りました。・・・ちょっと、ひと安心です。
で、この「改製原戸籍簿」というシロモノは凄いもので、誰でも自分の父方先祖をどんどん辿ってゆきことが出来ます。多分、戸籍が創られた明治初期まで遡れるはずです。やってみると遠い親戚が増えることは間違いないでしょうね。(笑)
スポンサーサイト




テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ


コメント

いえいえ、仕事で市役所に行った〝ついで〟ですよ。(汗)
あくまで、ついで・・・
[2017/01/12 10:39] URL | Mr.宅造 #- [ 編集 ]


安堵した様子がよく伝わってきます。
根ほり葉ほり‥‥掘りすぎ?(笑)
いえ、素晴らしい。思ったらすぐ動く、見習いたい所です。
[2017/01/11 22:03] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する