プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



鎮魂の日
1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から22年が経過しました。
震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
時間はいくら経ってもその記憶が無くなることはありません。都市直下型地震の凄まじさを目の当たりにした災害でした。

あの日の早朝、ワタシは横浜に出張で浜松駅午前8時発の新幹線に乗る予定でした。
午前6時に起きるつもりが、少し前の小さな揺れで目を覚ましました。それはすぐに地震だと分かりましたが、その時には大きな地震が起きていたとは思いませんでした。テレビをつけると神戸で地震が起きたことを告げていました。まだ夜明け前で現地の状況が映し出されることはなく、準備をして駅に向かいました。
駅に到着する頃には地震の影響で新幹線は一部不通となっていました。運行ダイヤが乱れていたので到着した列車に乗って横浜に向かいました。横浜に到着するとテレビに映し出されたものは阪神高速が横倒しになったもの・・・大きな衝撃を受けました。そこはよく利用した四国行きフェリー乗り場へつながる国道2号線で、これは大変なことが起きたと思いました。
刻々とテレビで現地の様子が伝えられ横転したビルや中層階がつぶれた神戸市役所など、それは大規模地震の恐ろしさを伝える初めての映像でした。その後に起きた東日本大震災とともに決して忘れてはならないものです。

この地震によって旧い木造住宅の倒壊を防ぐ対策が講じられ、2000年には耐震基準を向上させた建築基準法が改正されました。
※画像は神戸市長田区にある鉄人28号モニュメントで震災復興のシンボルです。

NEC_0150.jpg
スポンサーサイト




テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ


コメント

こちら東海地方でもいずれ遭遇する災害です。
備えは万全に。そして気持は新たに。
[2017/01/20 10:11] URL | Mr.宅造 #- [ 編集 ]


高速道、伊丹駅、‥‥‥高架の橋脚が。夜になって出先のテレビで見た、赤く広がった火災の映像。
現実のこととは思えませんでした。
[2017/01/18 08:46] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する