プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



急傾斜地(その3)
・・・つづきです。今回は急傾斜地と崖に関連する法律の整理です。

急傾斜地では「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律(急傾斜地法)」と「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(土砂災害防止法)」が適用されます。急傾斜地法は急傾斜地の崩落防止について具体的な対策工事を行うのに対し、土砂災害防止法では土砂災害全般の被害を防ぐために避難情報の発令や避難体制の整備などソフト対策に重きをおいています。
それぞれに区域の指定をおこない、急傾斜地法では「急傾斜地崩落危険区域」、土砂災害防止法では「土砂災害(特別)警戒区域」と呼ばれます。同じ急傾斜地の認定基準に基づくものなので、この指定区域は重複することになりますが、まったく同じ範囲という訳ではありません。また、急傾斜地崩落危険区域と土砂災特別害警戒区域(通称:レッドゾーン)では建築物の制限等が発生しますが、土砂災害警戒区域(イエローゾーン)では特別な制限はありません。
土砂災害(特別)害警戒区域の区分ではイエローゾーンが「崩落した土砂等によって被害を受ける恐れがある区域」、レッドゾーンが「崩落した土砂等によって住宅等の建物が倒壊し、住んでいる人の生命や身体に大きな危害が生ずるおそれのある区域」とされています。
これらの区域指定は①現地調査→②公表→③住民等説明会→④指定という流れになっており、イエローゾーンでは居住者(借家・アパートを含む)に、レッドゾーンでは土地建物所有者と居住者に通知され、避難所等が記載されたハザードマップが配布されます。
ハナシが難しいので今回はここまで。・・・急傾斜地の話は更に続きます。

土砂災害警戒区域図
スポンサーサイト




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ


コメント

指定予定の通知は公表の時点です。
土砂災害防止法の改正前は住民説明会を経てからの公表でした。
法改正によって住民の同意無しでも指定が出来るようにした訳です。財産権よりも人命を最優先した為ですね。
[2017/03/03 18:42] URL | Mr.宅造 #SzVzNX6k [ 編集 ]


区域指定‥‥土地建物所有者等への通知は説明会の前?、指定の後ですか?
[2017/03/03 07:07] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する