プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



瑕疵担保責任
巷で騒がれている東と西での問題。東は市場用地の土壌汚染で西は学校用地の地下埋設物ですね。本流の大きな問題は置いときまして、今回の2件に共通しているキーワードが「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」です。

瑕疵担保責任とは、判りやすく言えば商品(製品)の欠陥についての保証責任を表します。瑕疵(かし)とは商品の傷や不具合・欠陥のことで、取引時(購入時)には見つけられなかった瑕疵を「隠れた瑕疵」といいます。
この「隠れた瑕疵」は買主が取引上において一般的に要求される程度の通常の注意を払っても知り得ないものを指し、買主には善意・無過失であることが求められます。瑕疵は取引通念からみて通常であれば同種の物が有するべき品質・性能を欠いており欠陥が存在することをいいます。不動産の取引では、買った土地の地中から産業廃棄物が出てきたとか、隣家の上下水道管が埋設されていたとかが「隠れた瑕疵」にあたります。
瑕疵により契約の目的が達せられない時は契約解除や損害賠償請求が行われることが通常です。民法では買主が事実を知った時から1年以内に行わなければならないと定められていますが、契約の目的物等によって期限が異なります。

で、今回のケースですが、市場用地の土壌汚染について売主のガス会社が東京都に売却する際に瑕疵担保責任を免除する(土壌汚染を解消するための費用は請求しない、若しくは地盤改良工事を要求しない)という特約の合意をしたという。これって通常の取引では考えられませんねぇ・・・ただし、官有地を民間に譲り渡すときは瑕疵担保責任を負わないということは普通にあります。もちろん、負わない理由は瑕疵が無いであろう状態にしてから売主に受け渡すからで、売った後は知らぬ存ぜぬという為ではありません。ですから、もう一方の問題のように学校用地の地下に大量の埋設物がある状態で民間に譲渡することは珍しいですし、値引きをするから瑕疵担保責任を負わないという手続きは、後々に起こるであろう問題を考えると民間でも怖くて出来ません。このような事を〝官〟がやってしまうと〝民〟に正しく指導ができなくなってしまうのでは?っと思ったりしますが・・・

R0010495.jpg
スポンサーサイト




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ


コメント

今回の件では両方とも通常ではあり得ない取引をしています。
大阪の場合では国有地の払下げが10年の分割払いなんて聞いたことがありません・・・
通常は先に代金を全額納付してからでないと所有権移転の書類がもらえないのに。それもしばらく経ってからです。
[2017/03/07 10:41] URL | Mr.宅造 #SzVzNX6k [ 編集 ]


こちらのブログを拝見するようになって知った言葉です。フリガナがないと…。(笑)
お粗末な取引。調べれば他にも出てくるのでしょうか。
[2017/03/07 00:19] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する