プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



七夕に逝く。
今日はお世話になった方の告別式でした。
去る7月7日早朝に息を引き取られました。

告別式のあいだ、その方との出会いがどのようなものだったか記憶を辿っていました。まったくの最初がいつだったのかは思い出せませんでしたが、もう20数年前だったでしょうか・・・
当時、私はある会社の浜松の責任者でした。分譲マンションを主に手掛けており、私が扱ったプロジェクトは在任期間中だけでも10棟(500戸)を数えました。また、同時に分譲住宅用の宅地開発も行っている中で故人と知り合ったのではないかと思います。

年齢は私よりも十歳近く上で、容姿が当時テレビでひっぱりだこだった〝みの○んた〟さんにソックリ。普段は初対面で警戒する私もなんとなく馴染み易かったのかもしれません。その後、彼といくつかの事業の取引を行って1997年に私は会社を辞めて独立することになります。2003年に社運を掛けて行った56区画のプロジェクトが成功できたのも彼の協力があってこそでした。〝宅地造成仕事人〟としての覚醒のきっかけを作った人物ともいえるでしょう。また、自宅の新築も当社で設計施工をした関係で奥様とも親しくお付き合いをさせていただきました。ここ数年は仕事で御会いする機会もありませんでしたので、今回のホスピス入院の知らせは寝耳に水でした。

ある方が私に「彼は井戸を掘った人だから」としきりに言っていました。それはその方と私を引き合わせたのが彼であるという意味であり、それは中国の〝水を飲むときには、その井戸を掘ってくれた人を忘れない〟という言葉からきていることを教えてくれました。飲水思源(いんすいしげん)、今の私があるのも彼の導きがあったからこそ、という想いを大切にしてゆきたいと思います。合掌
スポンサーサイト





コメント

その方との日々は、大切な宝物ですね。
見守っていてくださることでしょう。
[2017/07/10 23:55] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する