プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



懲りない人々
仕事柄、土地の登記簿を見る機会が多くあります。
ここでいう〝登記簿〟とは正確には「登記簿謄本の写し」と呼ばれ、法務局で誰でも取得することができます。そう、土地の所有者だけではなく〝誰でも〟です。登記簿には土地の所在、面積、所有者(住所・氏名)、抵当権などが記載され、現在や過去に誰が所有していたか、どこの銀行から金利も含めて幾ら借り入れていたかも分かってしまうものです。そこにはまったくプライバシーなど存在しない恐ろしいモノです。

先日、来年に開発する土地の隣接地の所有者を調べていましたトコロ、手が止まりました。
この隣接地の調査は対象地の測量をする際、所有者に現地に於いて境界杭を確認してもらう(杭が無い場合は新しく杭を入れる)為に連絡をとるのに必要なものです。ですから土地の測量の際には必ず廻りの土地の所有者を調べます。
今回はある隣接地の所有者が愛媛県の方でした。・・・んんっ? 愛媛県の方が取得した一年前には埼玉県の方が持っていました。そして、その一年前が浜松の地元の方・・・この方は所有期間が数十年と長かったです。
登記簿で読み解くと、もともとの所有者が3年前に埼玉の方に売却をしたのです。それからたった一年後に愛媛県の方が購入しているのです。そして抵当権は埼玉の方と較べて愛媛県の方の借り入れ金額が2,000万円も増えている! これがどういう意味かといえば、埼玉の方はたった一年で2,000万円儲けた、ということでしょう。この土地には旧いRC造マンションが建っていますので、不動産投資物件ということなのでしょうが・・・どう見ても抵当権の金額に見合う価値はありません。たぶん半値にも満たないと思います。もちろん、投資は自己責任ですから誰にも咎められることは無いでしょうけど。
しかし、問題は抵当権者にありました。抵当権者とはお金を貸して土地を抵当にとった者です。いわゆるお金を貸す資格を持っている会社ですね。普通に思いつくのは銀行になります。今回のような土地取引では、このようなお金の貸し方をするのは一般の銀行ではなかなか出来ないことだと思うのですが、なんと埼玉の方にも愛媛の方にも同じ銀行の抵当権が設定されていました。所有者がこんなに離れているにもかかわらず、です。つまり、同じ銀行の顧客リスト間での売買と思われます。そして金利はなんと4%! 両方とも同じ条件でした。世の中マイナス金利の昨今で、お金が余っているからっていくらなんでも・・・・全国展開の都銀なら分からないでもないですが、静岡県の地方銀行がこんなことをしちゃってイイのかなぁ。ちょっとヤバイんじゃないのかなぁ・・・危険な匂いがするなぁ。
スポンサーサイト




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ


コメント

土地建物の所有者情報は市役所の資産税課でも自由に閲覧できます。
此処に行くと不動産会社や建設会社の人ばっかりです。

ダイジョウブ、銀行の名前は書いてないし。(汗)
[2017/10/17 15:06] URL | Mr.宅造 #SzVzNX6k [ 編集 ]


資格者だけでなく、誰でも..ですか。…ウーン。気味が悪いですね。

宅造さん、抑えて抑えて。\\(^_^;) 怪文書が投げ込まれますよ。
[2017/10/17 01:01] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する