プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



道路の話
道路
今回は道路のお話です。
毎日当たり前に使っている道路ですが、道路にはいくつかの種類があります。たとえば国道、県道、市道の区分は誰でも知っていますよね。これらは名前のとおり道路管理者が国であるのか、県であるのか、市であるのかで区分されています。なお浜松市は政令都市なので、県道も静岡県から管理を委託されています。以上の道路は〝道路法〟に基づく道路ですが、住宅建設にかかる道路には〝建築基準法〟に基づく道路の定義もあります。

土地に住宅を建てる時には幅員4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。これを〝接道要件(条件)〟といいます。
区画整理された地区などは道路幅員が4m以上ありますが、旧市街地などは幅員が4m未満の道路が多く存在します。しかし、そこにも住宅は建設できています。幅員4m以上じゃなくても建てれるのはナゼでしょう。
旧市街地や郊外の農道など幅員4m未満の道路で浜松市が道路認定(市道番号)をしてる場合、その道路の中心線から2mの位置を幅員4mの道路としてみなすことが出来ます。これを〝道路後退(セットバック)〟といいます。
たとえば、幅員3mの道路の場合は中心(1.5m)から2mですから、敷地側に50cm退いた位置までを道路とみなすことができる訳です。この後退部分は住宅建設に際して敷地面積に算入できないのはもちろん、塀などの工作物を築造してはいけません。このような〝みなし道路〟のことを〝建築基準法第42条2項道路〟といいます。ちなみに位置指定道路は〝建築基準法第42条1項5号道路〟です。

浜松市では「狭い道路の拡幅事業」として、敷地の一部を道路として提供する場合には、門や塀などの撤去費と作りかえる費用の一部を市が助成してくれる制度があります。
スポンサーサイト




テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ


コメント

うちの前の道路は4m‥はないかなぁ。市道じゃないのかな。
[2016/07/14 02:06] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する