プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



受動喫煙 (その2)
タバコ3
受動喫煙防止対策について健康増進法改正案の一連の流れをみてみると、都合よく言葉を使って作っているなぁ、と関心します。
まず、原案では『受動喫煙対策を推進するため、スナックやバーなど延床面積30平方メートル以下の小規模飲食店を除く全ての飲食店で原則禁煙とする』としていましたが、見直し案では『個人経営か「資本金5千万円以下」で、「客席面積100平方メートル以下」の小規模の飲食店は「喫煙」「分煙」などの標識を掲示すれば喫煙を認める』 となりました。
肝は数字ではないのです。〝延床面積〟〝客席面積〟へと規制の対象が上手くすり替わっているんですね。〝延床面積〟とは店舗全体の面積のことをいいますので厨房やトイレなども含まれます。しかし〝客席面積〟とはいわゆる純粋な飲食スペースのことをいうのでしょうか、正式な算出基準はありません。原案の延床面積30㎡(約9坪)の店舗は10名ですし詰めのスナック程度ですから、ほとんどのお店は規制対象となりますが、客席面積100㎡(約30坪)となれば、延床面積で150㎡(45坪)ちかくとなり、逆にほとんどのお店は規制対象外となる訳です。・・・うまい具合に考えますねぇ。もっとも、受動喫煙の法律を作るセンセイ方が喫煙者ではこうなるのも既成路線なのでしょう。 (更につづく)
スポンサーサイト





コメント

流石ですね。タバコも短くなっています。(笑)
今日は第3弾の予定でした・・・が、訃報です。
[2018/02/22 09:20] URL | Mr.宅造 #SzVzNX6k [ 編集 ]


50年後には、いや30年後には喫煙者はいないのかも。
同じイラストだと思っていたら、ぽろっ..時間が経過していましたね。
[2018/02/21 20:13] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する