プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



埋蔵文化財
文化財地図
宅地造成を行う場所に遺跡(埋蔵文化財)がある場合、事前に埋蔵文化財の予備調査(試掘調査)を行います。
この試掘作業は浜松市文化財課が窓口で、浜松市教育委員会に申請をすることによって無料で行ってくれますが、試掘調査の結果、本調査が必要と認められたときは、その費用は土地所有者もしくは事業者が負担しなければなりません。
遺跡の位置は浜松市が発行する埋蔵文化財地図で確認することができます。この地図を見るとビックリするくらいに市内各所に遺跡が存在しています。とりわけ固まっているエリアもありますが、小さな遺跡は市内にまんべんなくあるという印象です。

P1130588.jpg
遺跡がある場所では建物等の工事開始60日前までに埋蔵文化財保護法93条の届け出を行わなければなりません。その際に指示書が交付され、基礎工事や地盤改良工事に制限がつくことになります。もちろん、宅地造成工事も同様の届け出をおこなう訳ですが、あらかじめ試掘調査をおこなっておけば、遺跡の状態によっては制限がつかない場合や対策工事の方法を検討できるというメリットもあります。ただし、本調査が必要と判断されたときは大変なことになりますが・・・

文化財報告書

≪ ↑ 試掘調査が行われると、このような報告書が作成されます。≫

遺跡に指定されても土地所有者には通知されませんので、土地を売買するときに初めて知ったというケースも多々あります。建物を建てる時には必ず遺跡の確認しましょう。知らずに工事を行うと文化財保護法違反で罰せられることになります。
スポンサーサイト




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ


コメント

遺跡指定はもちろん、その他の指定も必ず調査します。必須作業ですね。
保護法に違反する…指定を知らないで地面を掘り起こしてしまう一般の方はいるようです。ちなみに、地表から概ね30cmまでの掘削は届け出は不要です。
[2016/08/13 07:31] URL | NHP #SzVzNX6k [ 編集 ]


遺跡に指定されても土地所有者には通知されていない‥業者さんでは、指定の確認は当然の事項になっている訳ですか!?
保護法に触れることは滅多にない‥のかな?
[2016/08/11 08:02] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する