プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



働くクルマたち
働くクルマ1
宅地造成工事の現場で働くクルマ達をご紹介しましょう。
もっとも活躍するクルマがこれ。正式名称が「バックホウ」。油圧ショベルとかパワーショベルとかとも言います。よく “ユンボ:YUMBO” という方がいらっしゃいますがこれはバツ。実はユンボとはこの車両を製造する会社や商品名なのです。
バックホウは地面を掘ったり、土砂をバケットというアームの先についているカゴにすくって搬出したりします。また車体の前方にブレード(排土板)をつけて土砂を押し出して整地したりすることもできます。いわゆるブルドーザーの機能も持たせることができるのです。
大小さまざまな大きさのバックホウがありますが、大きさの呼称はバケットの容量を表わします。画像の車両は“コンマ4(よん)”と呼ばれており、これはバケットにすくえる容積が0.4立方メートルという意味です。“コンマ7(なな)”になると車体はかなり大きく、そのままトレーラーに積めるのはこのあたりが限界です。これ以上の大きさになると車体を分解して運搬ということになりますので、よほど大規模な現場でなくてはお目にかかれません。

働くクルマ2
こちらは振動ローラー。コンバインド式で、締固め輪の鉄輪を持ち、他方にタイヤを左右一列に配置した車軸を持つ締固め機械です。鉄輪とタイヤの両方を備えているため、一次転圧から二次転圧、仕上げ転圧まで幅広く適用できるものです。主に道路の路盤整形に使われます。

働くクルマ3
こちらはホイールローダー。、土砂などをダンプカーなどに積み込む時に使われるもので、バックホウよりも一度に多量の土砂を積み込むことができます。最近、盗難が多い機械がこれです。分解して海外に持ち出されてしまうようです。

働くクルマ4
こちらはアスファルトフィニッシャー。あまり見ないですが道路舗装の仕上げ作業に使われます。

とまぁ、工事の現場では男の子が喜ぶクルマがいっぱいあります。おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に長い時間見ている方も結構いらっします。遠くからの見学は自由ですが危険ですので現場への立ち入りは御遠慮下さい。
スポンサーサイト




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する