プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



土地の建築制限
道路斜線
<上図は住居系用途地域の場合の道路斜線>


今回は土地の建築制限についてのお話です。
まず、家を建てる時に注意しなければいけないのは、その土地に道路が接しているかどうかということ。その道路は幅員が原則として4m以上あるものでなければなりません。しかし4m未満でもみなし幅員として、その道路の中心線から2m後退した位置を道路境界(宅地境界)として、幅員が4mあるものとみなして建物の建築が出来るというお話は以前にも書きました。 ※〝道路の話〟

これ以外に、敷地と道路との関係では道路斜線や建蔽率(けんぺいりつ)、容積率などの建築制限があります。
道路斜線とは道路の反対側境界から一定斜線の空間の中でしか建築物を建てられないというもので、この斜線は用途地域や行政による条例、地区計画などによって定められています。簡単にまとめると道路幅員が狭いほど敷地に対する道路斜線の制限を受ける範囲が広くなります。

建蔽率は敷地に対する建物が建築できる割合をいいます。
例えば敷地面積50坪の土地で建蔽率60%とした場合、建築できる面積は50×0.6=30坪ということになります。ここでいう建築面積とは建物の水平投影面積(真上からの見つけ面積で延床面積ではない)をいい、木造軸組みの場合は柱の中心線、枠組み壁(2×4)工法の場合は壁を構成する枠組み材の中心線による面積です。建蔽率は2方向道路に接する敷地(角地)では緩和(60%→70%)される場合もあります。

容積率は敷地面積に対する建物の延床面積(すべての階層の合計面積)の割合をいいます。
なお、容積率は道路幅員による制限を受けます。例えば容積率200%の指定区域であっても道路幅員が4mの場合は4m×0.4(住居地域定数)=1.6となり容積率は160%が上限となります。道路幅員が6mの場合は6×0.4=2.4となりますが、容積率は240%とはならず200%が上限となります。
建蔽率、容積率とも計算の根拠となる敷地面積は、先の道路後退がある場合は実際の土地面積よりも狭くなりますので注意が必要です。
スポンサーサイト




テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ


コメント

一般的な住宅地に普通の家を建てるぶんには、ほとんど影響は無いと思われます。(笑)
[2016/08/22 09:46] URL | NHP #SzVzNX6k [ 編集 ]


住みたい場所に、自分好み(自由な設計)の建物を‥指定、制限などにより実現しないこともあるのですね。
[2016/08/19 23:50] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する