プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



宅地造成規制法と静岡県がけ条例 (まとめ-2)
「がけ(崖)」の定義が解り難いので図にしてみました。
静岡県では「がけとは、水平面からの勾配が30度を超え、かつ、高さが2メートルを超えるもの」としています。
がけの定義
このように斜面勾配が30°超えでも、高さが2mを超えないもの、逆に勾配が30°以下では高さが5mでも10mでも崖とはみなされません。既存の旧い石積み壁やコンクリート擁壁なども高さが2m以下であれば崖とはみなされませんが、実際にその上部に家を建てようとした場合、建築確認は取得できるかもしれませんが、崩落の危険が無いと認定された訳ではなく、安全が保障されるものではありません。そのために高さが2m以下であっても杭工事などで基礎を補強して、崩落があっても家に被害が発生しないように対策を講じることが妥当だと思います。

崖の対策工事例
また、崖下に家を建てる場合には、崩落した土砂から家を守るために「待ち受け壁」を設置することにより、安全が確保され崖高さの2倍の水平離隔距離が必要なくなります。もちろん、さらなる安全を考慮して待ち受け壁と離隔距離の両方を採用する方法もあります。
スポンサーサイト




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ


コメント

新横浜手前?の、新幹線の車内から見えるあの住宅群‥
[2016/06/11 02:50] URL | #- [ 編集 ]


平らな土地なら様々な課題は発生しないのですが・・・ 首都圏でも神奈川の丘陵地は厳しい条件で住宅が建っているのを見ると感心します。
[2016/06/10 11:13] URL | 日本ホームプロ #SzVzNX6k [ 編集 ]


限られた面積に建物を広く取りたい、想定外の地震や大雨などに備えたい‥なかなか手間も費用もかかりますね。
[2016/06/09 22:00] URL | 6540 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する