プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



不発弾の調査(その2)
磁気探査フロー
不発弾目撃情報は存在が確定していない為に、事を公にする訳にもいかず、自治会から聞いた高齢者宅への聞き取りを行うが、現場付近には約70年前には民家がほとんど無かったことと、既に亡くなっている方も多く新たな情報は得れませんでした。

一方、戦史記録では浜松空襲は27回(うち艦砲射撃1回)で1945年(昭和20年)では2月15日、4月30日、5月19日、6月18日(浜松大空襲)、7月29日(艦砲射撃)が記録に残っているが、今回の現場エリアの空襲記録は無いことが判明。時期的にみても符合するのは7月29日の艦砲射撃だが、沿岸からの距離から砲弾到達の限界であることで無理がある。
当時、現場付近には陸軍の通信施設があったことから、これを狙ったものではないかと推測をするが史実が得られない以上、不発弾の存在を確定させるには至らず、調査実施は暗礁に乗り上げてしまいました。

市としては有るか無いかのモノの調査は出来ないというスタンスは至極当たり前で、というよりはこれ幸いと思っていると感じましたし、事実、担当者もこれ以上は関わりたくないという言葉がちらほらと出ていました。
それなら、一層のこと、重機で掘削をして掘り出してしまおうか、そうすれば処理できるでしょう、と言うと担当者は真っ青になって止めて下さい、っと。
じゃあ、どうすれば良いんですかぁ? まるで禅問答です。

結局、市は掘削はせずに磁気探査をしてもらいたい、しかし費用は出せないという。
協議の結果、磁気探査で反応が出たら、それ以降は公費で処理を行うということになり、詳細な打ち合わせを行うことになりましたが、話が進むにつれて・・・ええっ~? という内容の事項が提示されました。
それってオカシクナイですか? (つづく)
スポンサーサイト




テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/09/02 04:28] | # [ 編集 ]


御推察の通り、曲ったことが嫌いで・・・しかし、性格はねじ曲っているような・・・(爆)

必要であれば溝に落ちた100円硬貨を10万円掛かっても拾う性格といいますか・・・(汗)
[2016/09/01 09:26] URL | Mr.宅造 #SzVzNX6k [ 編集 ]


絵が浮かびます(笑)‥真っ直ぐな宅造さんと、それを右へ左へかわしたい担当の方。
そんなやり取りは、まだまだ続くようですね。

掘るのかな、どうするのかな?(読者)
[2016/08/31 22:53] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する