プロフィール

 日本ホームプロダクト株式会社

 日本ホームプロダクト株式会社
静岡県浜松市中区佐鳴台5-23-11
TEL:053-523-7730
FAX:053-523-7118
【宅地建物取引業免許】
静岡県知事(5)第11220号



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



アクセスカウンター



リンク



検索フォーム



宅地造成規制法と静岡県がけ条例 (まとめ-3)
法面勾配30°以下で、かつ高低差2m以下であれば『崖』に相当しないので「がけ条例」の適用を受けない訳ですが、土留め擁壁が無い土地での境界はほとんどの場合、法面下(のりめんした)になります。高低差2m・勾配30°での法面水平距離は3.46mにもなりますから、その部分だけ土地を有効活用できていないことになりますね。しかし、一番の問題は法面の管理です。
がけと境界
法面が土砂の場合は雑草の対策を行わなければなりません。防草シートの設置や定期的な草刈りが必要になります。法面の所有者は法上(のりうえ)の方ですから当然、管理責任は避けられません。そう考えると、高低差2m程度であればしっかりとした擁壁を設置してしまうことが最善の策であると考えます。法面の崩落や雨水浸食の心配も無くなります。擁壁の設置についてはいくつかの課題がありますが、一番は工事ができるスペースがあるか否かです。法上、法下ともに家が建っている場合はかなり厳しいので、どちらかが更地の状態(たとえば建て替え等)に行うしかありません。これは法面でなくても旧い石積みや無許可擁壁でも同じですから、隣地の方とはより良い関係を作っておいて、どこかの時期に協力して(協力してもらって)対処することが宜しいでしょう。

和合2期造成前

和合2期造成後
スポンサーサイト




テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ


コメント

法面斜度が30°は人がなんとか登れるくらいです。法面が安定している条件であれば持ち出し型のデッキ等を設置して水平面を利用する方法もあります。
[2016/06/14 12:00] URL | 日本ホームプロ #SzVzNX6k [ 編集 ]


幅3㍍の水平面、あるとないとでは、だいぶ変わってきますね。法面の利点はひとつもない!?

住宅が隣接した所では、建て替えをはじめ、修繕などの工事もいろいろと…。
[2016/06/14 06:58] URL | 6540 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する